会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「必修 救急救命士国家試験対策問題集 2017」の詳細情報です.

出題分野別による、新しい国家試験対策のスタンダード!これだけやれば大丈夫! (2016年3月実施/第39回救急救命士国家試験出題問題対応!!)

必修 救急救命士国家試験対策問題集 2017
これだけやれば大丈夫!
  • 編集
    田中秀治(国士舘大学大学院救急システム研究科教授)
  • B5判・530頁
    2016年11月13日発行
  • 定価 5,400円(本体 5,000円)
    ISBN978-4-8306-3965-4

この本の内容

本書では過去5年分の国家試験を毎年時間をかけて整理し問題の解説を行っている.昨年よりさらに詳細に加筆し,内容がアップデートされている.年々厳格化されることが予測される国家試験を乗り切るだけでなく,より深く病態を理解する真の医療人を目指す全ての学生・研修生に推薦したい一冊.
【2017年版の特長】
・救急救命士国家試験問題の過去5年分(第35~39回)の問題とその解説.
・救急救命士国家試験出題基準の掲載順に準じての問題分類(ジャンル別学習).
・A・B・C・D問題別の掲載(一般問題,必修問題,症例問題別学習).
・参照を【第9版】救急救命士標準テキストにアップデート.

>>正誤表はこちら

序 文

はじめに
 救急救命士の処置範囲は2014年4月1日より拡大され,非心停止傷病者への輸液(糖液を含む)や血糖値の測定実施が開始された.これまで,救急救命士の処置が心停止傷病者.........

>>続きを読む

主要目次

A問題
[専門基礎分野]
I 人体の構造と機能
 体表からみる人体の構造
 人体の構成と生命の維持
 神経系
 感覚系
 呼吸系
 循環系
 消化系
 泌尿系
 内分泌系
 血液・免疫系
 皮膚系
II 疾患の成り立ちと回復の過程
 成長と発達と老化
 疾患
 臓器と組織の変化
 感染
 死
III 健康と社会保障
 保健医療制度の仕組みと現状
 社会保障と社会福祉を支える仕組み
[専門分野]
I 救急医学概論
 救急救命士の役割と責任
 生命倫理と医の倫理
 救急救命士に関連する法令
 救急医療体制
 メディカルコントロール体制
 消防機関における救急活動の流れ
 災害医療体制
 現場活動の基本
 全身状態の観察
 局所の観察
 緊急度・重症度の判断
 処置総論
 資器材による観察
 救急救命士が行う処置
 救急蘇生法
 在宅療法継続中の傷病者の処置
 傷病者搬送
 医薬品
 検査
 感染対策
 放射線
 コミュニケーションと問診
 ストレス対策
 安全管理と事故対応
II 救急症候・病態生理学
 生命の維持
 呼吸不全
 ショック
 心不全
 大量出血
 重症脳障害
 意識障害
 心肺停止
 頭痛
 胸痛
 腹痛
 腰痛・背部痛
 失神
 痙攣
 運動麻痺
 精神症状
 しびれ
 めまい
 視覚障害
 呼吸困難
 動悸
 嘔吐
 喀血
 吐血・下血
 尿異常
 鼻出血
 体温上昇
III 疾病救急医学
 神経系疾患
 呼吸系疾患
 循環系疾患
 消化系疾患
 泌尿・生殖系疾患
 内分泌・代謝・栄養系疾患
 血液・免疫系疾患
 筋・骨格系疾患
 眼・耳・鼻の疾患
 感染症
 小児と救急疾患
 高齢者と救急疾患
 妊娠・分娩と救急疾患
 精神障害
IV 外傷救急医学
 外傷総論
 外傷の病態生理
 現場活動
 頭部外傷
 顔面・頸部外傷
 脊椎・脊髄外傷
 胸部外傷
 腹部外傷
 骨盤外傷
 四肢外傷
 皮膚・軟部組織外傷
 小児・高齢者・妊婦の外傷
 スポーツ外傷
 熱傷
 化学損傷
 異物
 刺咬症(傷)
 外傷に関連する特殊感染症
V 環境障害・急性中毒学
 中毒総論
 中毒各論
 溺水
 熱中症
 偶発性低体温症
 放射線障害
 その他の外因性疾患
B問題
[必修]
I 人体の構造と機能
II 疾患の成り立ちと回復の過程
III 健康と社会保障
IV 救急医学概論
V 救急症候・病態生理学
VI 疾病救急医学
VII 外傷救急医学
VIII 環境障害・急性中毒学
C問題
[必修]
IV 救急医学概論
V 救急症候・病態生理学
VI 疾病救急医学
VII 外傷救急医学
VIII 環境障害・急性中毒学
D問題
[専門分野]
I 救急医学概論
 生命倫理と医の倫理
 メディカルコントロール体制
 災害医療体制
 現場活動の基本
 全身状態の観察
 緊急度・重症度の判断
 資器材による観察
 救急救命士が行う処置
 在宅療法継続中の傷病者の処置
 傷病者搬送
 感染対策
 放射線
 コミュニケーションと問診
 ストレス対策
 安全管理と事故対応
II 救急症候・病態生理学
 呼吸不全
 ショック
 重症脳障害
 意識障害
 心肺停止
 胸痛
 腹痛
 腰痛・背部痛
 失神
 痙攣
 呼吸困難
 動悸
 嘔吐
 吐血・下血
III 疾病救急医学
 神経系疾患
 呼吸系疾患
 循環系疾患
 消化系疾患
 泌尿・生殖系疾患
 内分泌・代謝・栄養系疾患
 血液・免疫系疾患
 筋・骨格系疾患
 感染症
 小児と救急疾患
 高齢者と救急疾患
 妊娠・分娩と救急疾患
 精神障害
IV 外傷救急医学
 外傷総論
 外傷の病態生理
 現場活動
 頭部外傷
 顔面・頸部外傷
 脊椎・脊髄外傷
 胸部外傷
 腹部外傷
 骨盤外傷
 四肢外傷
 皮膚・軟部組織外傷
 熱傷
 異物
 外傷に関連する特殊感染症
V 環境障害・急性中毒学
 中毒総論
 中毒各論
 溺水
 熱中症
 偶発性低体温症
 その他の外因性疾患


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.