会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「続・循環器医が知っておくべき漢方薬 」の詳細情報です.

漢方薬で患者満足度を上げる!標準治療で取りきれない症状に次の一手!

新刊
続・循環器医が知っておくべき漢方薬
患者満足度を上げる次の一手

  • 北村 順(神戸海星病院内科部長・島根大学医学部臨床教授)
  • 監修
    田邊一明(島根大学医学部内科学第四・教授)
  • A5判・128頁・2色刷
    2017年3月8日発行
  • 定価 3,024円(本体 2,800円)
    ISBN978-4-8306-1933-5

この本の内容

『治療を行ったのに症状が取りきれない…』,『検査では正常なのに…』.診療現場では,標準治療だけでは取りきれない患者の症状や不満が残ることがある.漢方薬はその「標準治療の隙間」を埋める対症療法の1つである.前作『循環器医が知っておくべき漢方薬』は症状から処方できる手軽さが好評であったが,続編の本書では,より治療効果を高めるための漢方処方のコツを実例と共に解説する.また循環器疾患以外の様々な症状にも対応する処方を紹介.患者満足度を上げる次の一手がここにある.

序 文

監修のことば

 北村 順先生の前作「循環器医が知っておくべき漢方薬」が出版されて4年が経ちました.作用機序はよくわからないけど漢方薬が役に立つ症例があることを知り,北村先生に.........

>>続きを読む

主要目次

はじめに 前作上梓から4年経って思うこと
患者満足度を上げるための漢方薬
漢方エキス製剤の基本的な使い方
小児・妊婦・CKD患者への漢方処方
漢方薬を上手く使うコツ
 その1 気血水の概念を取り入れる
 その2 漢方エキス製剤を組み合わせて使う
 その3 問診・診察所見を活かす
処方の実際
 冠攣縮性狭心症の漢方治療
 当帰湯を投与した胸痛の一例
 若い女性の胸部症状
 発作性の頻脈・動悸・血圧上昇は奔豚気を疑う
 発作性の動悸に柴胡加竜骨牡蛎湯を投与した一例
 β遮断薬の副作用に対する漢方治療を行った一例
 子宮癌術後のリンパ浮腫に五苓散を処方した一例
 高血圧合併CKDに七物降下湯を処方した症例
 高齢者の便秘には麻子仁丸を
漢方薬を使えば…『もっと色々な治療ができる』
続・知っておくと便利な処方
様々な症状・病態に使える漢方
循環器診療で役に立つ漢方薬のおさらい
あとがき
索引

COLUMN
 ①漢方薬の副作用について
 ②エキス製剤レンジでチンはやめておく
 ③五苓散と真武湯について


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.