会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

書籍詳細情報

「スポーツ理学療法プラクティス   急性期治療とその技法」の詳細情報です.

スポーツ外傷・障害の急性期理学療法を極める!

新刊
スポーツ理学療法プラクティス
急性期治療とその技法
  • 編集
    片寄正樹(札幌医科大学)
小林寛和(日本福祉大学)
松田直樹(国立スポーツ科学センター)
  • B5判・238頁・2色刷
    2017年9月8日発行
  • 定価 5,400円(本体 5,000円)
    ISBN978-4-8306-4560-0

この本の内容

[スポーツ理学療法プラクティス]は,医療現場・競技現場でスポーツ理学療法に求められる,アドバンスな技術・知識を解説するシリーズ.スポーツ外傷・障害は,急性期の対応が競技復帰時期・重傷度を左右する.本書では,医療現場・競技現場における適切な外傷の評価と処置の方法をエキスパート達が解説する.スポーツ外傷・障害の治療に必要な知識として,損傷を受けた組織の治癒過程とRICEの基礎をわかりやすく解説した.

▽〈スポーツ理学療法プラクティス〉シリーズ
   『機能評価診断とその技法』(2017年8月刊)
   『急性期治療とその技法』(2017年9月刊)

序 文

「急性期治療とその技法」序文

 我が国のスポーツは,ここ数年間で大きく様変わりをしています.2011年に施行されたスポーツ基本法には,スポーツに関する施策が国の責務であると明記.........

>>続きを読む

主要目次

I 総 説
 スポーツ理学療法における急性期治療の位置付け
II 理学療法の基礎科学
1 組織のヒーリングプロセス
 1)骨・軟骨
 2)成長軟骨
 3)筋
 4)靱帯
 5)半月板
 6)皮膚・皮下組織
 7)腱・筋腱移行部
2 RICEの科学
III 急性期における部位・病態別理学療法のポイント
1 体幹
 1)頭頚部−外傷
 2)脊椎脊柱−ヘルニア・腰椎分離症
 3)脊椎脊柱−機能性腰痛
2 上肢
 1)肩関節−外傷
 2)肘関節−外傷
 3)手関節−外傷
 4)上肢スポーツ障害
3 下肢
 1)股関節−外傷
 2)股関節−グローインペイン
 3)大腿部−肉離れ
 4)膝関節−膝関節靱帯損傷
 5)膝関節−半月板単独損傷(縫合術後)
 6)足関節−捻挫
 7)足関節−アキレス腱断裂
 8)下肢スポーツ障害
索 引


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.