会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

雑誌詳細情報

「Medical Practice 2017年11月号」の詳細情報です.

Medical Practice 2017年11月号 (34巻11号)

< 前号   
バックナンバー一覧

最新号
水・電解質異常
体内恒常性の維持にまつわる温故知新
  • B5判・164頁・2色刷(1部4色刷)
    2017年11月1日発行
  • 定価 2,700円(本体 2,500円)
    雑誌コード12077-11

主要目次

【特集】
●扉/田中哲洋
●座談会
 水・電解質の知識を日常診療に活かす
 出席者:小池和彦・大瀬貴元・髙野秀樹・田中哲洋
●総説/実地医家が知っておくべき基本知識
 水・電解質代謝の実地診療のための基本知識(水・電解質異常の生理学)/和田健彦
 日常臨床でよく経験する水・電解質異常(診察および臨床検査)/八田 告
●セミナー/最新の実地診療のポイント整理と活用
 体液量の評価と治療の進め方/孫 楽ほか
 低ナトリウム血症・高ナトリウム血症の病態と治療/矢萩浩一ほか
 低カリウム血症の病態と治療/上野敏憲ほか
 高カリウム血症の病態と鑑別/神山貴弘ほか
 カルシウム・リン代謝異常の病態と治療/水原諒子ほか
 マグネシウム代謝異常の病態と治療/石出 崇ほか
 酸塩基平衡の解釈/小原まみ子
 CKD患者の水・電解質管理/田井怜敏ほか
 高齢者の水・電解質異常/前嶋明人
 薬剤惹起性の水・電解質異常/古川恵美ほか
●トピックス
 SGLT2阻害薬と浸透圧・Na利尿/増田貴博ほか
 FGF23とリン代謝/古家美菜絵ほか
●治療/実地医家は最新治療をどのように実践すべきか
 輸液療法の基本的な決め方とその実際/安田 隆
 体液過剰の治療:利尿薬の使い方/杉本俊郎
 高齢者の低ナトリウム血症/猪阪善隆
 急性・慢性経過の高カリウム血症とその対処法/楊井朱音ほか
 糖尿病性ケトアシドーシスの治療/市川昌志ほか
●この症例から何を学ぶか
 全身痛を主訴としたFanconi症候群の一例/長谷川頌ほか
●Self─assessment test
【連載】
<One Point Advice>
●化膿性脊椎炎の可能性を追うことの大切さ/谷崎隆太郎
●慢性咳嗽患者の「加湿器」/坂本 晋
●三叉神経・自律神経性頭痛/(TACs)と片頭痛の鑑別点/柴田 護
●間質性肺炎・肺線維症の早期診断/吾妻安良太
●tree-in-budに関する誤解/上甲 剛
●薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)/荒木信夫
●慢性閉塞性肺疾患(COPD)の認知度の低さ/杉原栄一郎
●大動脈弁狭窄症患者における降圧目標値/森田啓行
<今月の話題>
●医学・医療研究とAI/永井良三
<知っておきたいこと ア・ラ・カルト>
●M蛋白と全身疾患/飯田真介
<内科医のための画像診断エッセンス>(第20回)
●症状を繰り返す小児疾患を画像検査で診断する②/古川理恵子

次号予告

☆2017年12月号(34巻12号)
【特集】弁膜症●実地医家が知っておくべき現代の弁膜症
●扉/大門雅夫
●座談会
●総説/実地医家が活用すべき弁膜症の今日的知識
 わが国における弁膜症の動向/村田光繁
 これだけは知っておきたい弁膜症の身体所見/山﨑直仁
 弁膜症の病像と専門医への紹介のタイミング/寺田 舞
●セミナー/実地医療で実践すべき診療のプロセス
 弁膜症の重症度評価の実際/柴山謙太郎
 高齢者に多い硬化性大動脈弁狭窄症の病態とは/川田貴之
 圧較差の小さな高度大動脈弁狭窄症とは/岩野弘幸
 一次性(器質性)と二次性(機能性)僧帽弁逆流の病態はこう違う/西野 峻
 感染性心内膜炎の高リスク患者とその管理/小板橋俊美
 手術リスクの評価の進め方/三原裕嗣
 経カテーテル大動脈弁植込み術(TAVI)とは/小寺 聡
 経カテーテル僧帽弁逆流治療MitraClip® とは/長沼 亨
 現在使われている主な人工弁の種類と選択基準/真鍋 晋
 実地医家が知っておくべき弁膜症術後患者の合併症とその管理/橘 元見
●トピックス
 世界における経カテーテル弁膜症治療の展望/金子英弘
●治療/ガイドラインに基づいた弁膜症治療の実際
 ガイドラインに基づいた僧帽弁狭窄症の治療/高橋 悠
 ガイドラインに基づいた一次性僧帽弁逆流症の治療/大久保健志
 ガイドラインに基づいた機能性僧帽弁逆流の治療/瀬尾由広
 ガイドラインに基づいた大動脈弁狭窄症の治療/大西俊成
 ガイドラインに基づいた大動脈弁逆流の治療/飯尾千春子
 ガイドラインに基づいた三尖弁逆流の治療/田中秀和
●この症例から何を学ぶか
 圧較差の小さな高度大動脈弁狭窄/澤田直子


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.