会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

雑誌詳細情報

「Medical Practice 2017年12月号」の詳細情報です.

Medical Practice 2017年12月号 (34巻12号)

< 前号   
バックナンバー一覧

最新号
弁膜症
実地医家が知っておくべき現代の弁膜症
  • B5判・200頁・2色刷(1部4色刷)
    2017年12月1日発行
  • 定価 2,700円(本体 2,500円)
    雑誌コード12077-12

主要目次

【特集】
●扉/大門雅夫
●座談会
 弁膜症診療の今
 出席者:須永眞司・大門雅夫・渡辺弘之・弓野 大
●総説/実地医家が活用すべき弁膜症の今日的知識
 わが国における弁膜症の動向/村田光繁
 これだけは知っておきたい弁膜症の身体所見/山崎直仁
 弁膜症の病像と専門医への紹介のタイミング/寺田 舞ほか
●セミナー/実地医療で実践すべき診療のプロセス
 弁膜症の重症度評価の実際/柴山謙太郎
 高齢者に多い硬化性大動脈弁狭窄症の病態とは/川田貴之
 圧較差の小さな高度大動脈弁狭窄症とは/岩野弘幸
 一次性(器質性)と二次性(機能性)僧帽弁逆流の病態はこう違う/西野 峻ほか
 感染性心内膜炎の高リスク患者とその管理/小板橋俊美
 手術リスクの評価の進め方/三原裕嗣
 経カテーテル大動脈弁植込み術(TAVI)とは/小寺 聡ほか
 経カテーテル僧帽弁逆流症治療MitraClip ®とは/長沼 亨
 現在使われている主な人工弁の種類と選択基準/真鍋 晋
 実地医家が知っておくべき弁膜症術後患者の合併症とその管理/橘 元見ほか
●トピックス
 世界における経カテーテル弁膜症治療の展望/金子英弘
●治療/ガイドラインに基づいた弁膜症治療の実際
 ガイドラインに基づいた僧帽弁狭窄症の治療/高橋 悠ほか
 ガイドラインに基づいた一次性僧帽弁逆流症の治療/大久保健志
 ガイドラインに基づいた機能性僧帽弁逆流の治療/瀬尾由広
 ガイドラインに基づいた大動脈弁狭窄症の治療/大西俊成
 ガイドラインに基づいた大動脈弁逆流の治療/飯尾千春子ほか
 ガイドラインに基づいた三尖弁逆流の治療/田中秀和
●この症例から何を学ぶか
 圧較差の小さな高度大動脈弁狭窄症/澤田直子ほか
●Self-assessment test
【連載】
<One Point Advice>
●めまいはわかりにくい?/城倉 健
●感染症診療の基本は毎日の回診にある!/古川恵一
●“ベルクロ”ラ音/冨岡洋海
●外来診察時のパルスオキシメーター/富井啓介
●「片頭痛の女性は気性が荒い⁈」を片頭痛の女医が読み解く/渡邉由佳
●抗菌薬の使い方─デ・エスカレーションは本当に正しいの?─/関 雅文
●犬/猫由来溶血性レンサ球菌における抗菌薬耐性/高橋 孝ほか
●知っておきたい子どもの片頭痛/藤田光江
<今月の話題>
●SGLT2阻害薬の大規模臨床試験─心血管イベント抑制効果─/木村友彦ほか
<知っておきたいこと ア・ラ・カルト>
●健診で見つかる胆囊腺筋腫症にどう対処するか/中井陽介
<内科医のための画像診断エッセンス>(第21回)
●症状を繰り返す小児疾患を画像検査で診断する③/古川理恵子
【第34巻 総目次】(vol.34 no.1〜no.12)
【第34巻 執筆者名索引】(vol.34 no.1〜no.12)

次号予告

☆2018年1月号(35巻1号)
【特集】上部消化管疾患●ピロリ菌陰性時代への過渡期をむかえて
●扉/山道信毅
●座談会
●総説/実地医家が知っておくべき診断と治療の基礎知識
 胃がん検診の新展開─内視鏡検診時代の到来─/一瀬雅夫
 最新の胃食道逆流症(GERD)診療─ガイドライン2015に準じて─/岩切勝彦
 最新の機能性ディスペプシア(FD)診療─ガイドライン2014に準じて─/下山康之
 早期胃がん・早期食道がんの現状と診療アルゴリズム/深津和弘
●セミナー/日常診療に必要な具体的知識とその活用
 ヘリコバクター・ピロリ:除菌のもたらすメリットと限界/杉山敏郎
 内視鏡による胃炎の画像診断─胃炎の京都分類に準じて─/中島滋美
 薬剤性消化管障害の現状と課題/山本貴嗣
 Barrett食道の現状と最新の話題/藤崎順子
 上部拡大内視鏡の最前線/横井千寿
 最新のわが国の胃がん化学療法/喜多昭介
 わが国の食道がんの集学的治療の現状/吉田俊太郎
 食道マノメトリーの臨床応用/栗林志行
 消化管粘膜下腫瘍の診療アルゴリズム/瀧澤 初
●トピックス
 十二指腸上皮性腫瘍の免疫組織学的特徴/皆月ちひろ
 胃X線検査によるヘリコバクター・ピロリ感染診断/伊藤高広
 胃腺腫を見つけたら─現状と課題─/田村直樹
●治療/実地医家が知っておくべき治療の進歩とその着目点
 酸分泌抑制薬・制酸剤の使いかた/和田友則
 FD治療薬の使いかた/鈴木秀和
 ヘリコバクター・ピロリ除菌治療の現状と将来展望/沖本忠義
 内視鏡検査の際の抗血栓薬の対応/齋藤 格
●この症例から何を学ぶか
 ヘリコバクター・ピロリ除菌後に認めた胃底腺型胃癌の症例/山口太輔


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.