会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

雑誌詳細情報

「Medical Practice 2018年5月号」の詳細情報です.

Medical Practice 2018年5月号 (35巻5号)

< 前号   
バックナンバー一覧

最新号
認知症
診療の質の向上へ向けて
  • B5判・168頁・2色刷(1部4色刷)
    2018年5月1日発行
  • 定価 2,700円(本体 2,500円)
    雑誌コード12077-5

主要目次

【特集】
●扉/岩田 淳
●座談会
 認知症を巡る最近の話題─基礎から臨床までこれからどうなっていくのだろうか?─
 出席者/山内敏正・吉山容正・山﨑貴史・岩田 淳
●総説/実地医家が知っておくべき最新の動向
 認知症疾患診療ガイドライン2017の改訂をうけて/足立 正
 認知症画像診断の進歩/石井賢二
 認知症を巡る行政の最新動向/大田秀隆
●セミナー/最新の実地診療のポイント整理と活用
 開業医の立場からの認知症診断/久次米健市
 専門医の立場からの認知症とMCIの診断とマネジメント/本井ゆみ子
 認知症の精神神経症状に対する気づきと治療の原則/柴田展人
 認知症の画像診断の適切な使用方法とは─画像統計解析のpitfall─/水村 直
 レビー小体型認知症への気づき/北村ゆり
 正常圧水頭症への気づき/吉山顕次ほか
 血管性認知症の診断とマネジメント/丹羽 篤ほか
 認知症患者の運転免許について/上村直人ほか
 超高齢認知症患者での「複合病理」とはなにか?/仙石練平
 認知症患者の専門医への紹介のタイミング/古和久朋
 生活習慣病のリスク管理と認知症予防/山﨑貴史
 認知症患者の内科的管理/櫻井博文
●トピックス
 認知症の根本治療薬の開発動向/井原涼子
 運動と認知症予防/島田裕之
●治療/実地医家が実践すべき治療法の現状
 認知症の薬物治療の実践/福井俊哉
 開業医に向けた認知症の精神神経症状に対する薬物治療の実際/岡村 毅
 認知症の音楽療法の実際とは?─具体例も交えて─/佐藤正之
 認知症の在宅医療の実践と課題─具体例を交えて─/鈴木淳也
●この症例から何を学ぶか
 レム睡眠行動異常症を前駆症状として呈した認知症の一例/宮川統爾
●Self-assessment test
【連載】
<One Point Advice>
●肝機能検査の読み方/上甲康二
●DOACの不適切用量/八木直治
●ディバイダ/山城荒平
●HCVと肝外病変/榎本 大
●血中B型肝炎ウイルスDNA量の単位標記/田中 篤
●脂肪肝診療のこれから/多田俊史
●甲状腺機能と心臓突然死/森田啓行
●急性肝障害初診のABCE①発症はいつ?/姜 貞憲
<今月の話題>
●新規治療として期待される治療アプリとNASH治療への応用/佐藤雅哉ほか
<知っておきたいこと ア・ラ・カルト>
●Eisenmenger症候群/相馬 桂
<この検査値から何を疑うか?>(第2回)
●小球性貧血の鑑別/藤原 亨

次号予告

☆2018年6月号(35巻6号)
【特集】膠原病●膠原病診療のPearls and Myths
●扉/庄田宏文
●座談会
●総説
 膠原病の概念,病態生理の理解から治療へ/庄田宏文
 膠原病を疑う身体所見のPearls and Myths/四茂野恵奈
 膠原病の検査所見におけるPearls and Myths/川畑仁人
●セミナー/実地医療に役立つ膠原病の診断・臓器障害のPearls and Myths
 分類基準改定案を踏まえたSLE診断/亀田秀人
 炎症性筋疾患と自己抗体/桑名正隆
 Sjögren症候群の診断と注意すべき臓器障害/坪井洋人
 全身性強皮症の診断と注意すべき臓器障害/瀬戸口京吾
 巨細胞性動脈炎の特徴/喜瀬高庸
 日本人におけるANCA関連血管炎の特徴/室﨑貴勝
 ベーチェット病の診断と鑑別を要する類縁疾患/菊地弘敏
 自己免疫疾患に合併する眼病変/土屋遥香
 自己免疫関連間質性肺炎の疾患概念と診断/安倍能之
 膠原病を疑う血小板減少と鑑別診断/保田晋助
●トピックス
 膠原病診療におけるゲノム科学の取り組み/永渕泰雄
●治療/実地医家が知っておくべき膠原病治療のPearls and Myths
 日本人におけるループス腎炎治療/池田行彦
 clinically amyopathic dermatomyositis(CADM)治療戦略/中嶋 蘭
 膠原病関連肺高血圧の予後改善への取り組み/川口鎮司
 膠原病に対する新規分子標的療法/中山田真吾
 膠原病患者の周産期診療/金子佳代子
●この症例から何を学ぶか
 リツキシマブによる寛解導入および寛解維持が有効であった難治性多発血管炎性
 肉芽腫症の1例/駒井俊彦


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.