会社案内 採用情報 お問合せ カートの中を見る

文光堂 医学・看護学書出版:since1892

TOP新刊案内今後の発行予定雑誌案内ご注文について執筆者の皆様へサイトマップ

雑誌詳細情報

「臨床スポーツ医学 2017年11月号」の詳細情報です.

臨床スポーツ医学 2017年11月号 (34巻11号)

< 前号   
バックナンバー一覧

最新号
戦略的リカバリー
アスリートの特性を踏まえた疲労回復
  • 特集編集
    山本利春
  • B5判・104頁・2色刷
    2017年11月1日発行
  • 定価 2,916円(本体 2,700円)
    雑誌コード09451-11

主要目次

【特集】
[総 論]
●アスリートの戦略的リカバリーの考え方/山本利春
●アスリートのリカバリーの実態と課題/太田千尋ほか
●リカバリー戦略のための実践的研究知見/笠原政志ほか
●リカバリーに有効なコンディション評価法/清水和弘
[リカバリーにかかわる要素・手法]
●体温調節からみたリカバリー/長谷川博
●栄養面からのリカバリー/小清水孝子
●アスリートの睡眠の改善に向けて/星川雅子
●リカバリーに対するマッサージ再考/井澤秀典
[戦略的リカバリー事例]
●ラグビーにおける戦略的リカバリー/大塚 潔
●サッカーにおける戦略的リカバリー/大塚慶輔
●バスケットボールにおける戦略的リカバリー/吉岡淳平ほか
●フェンシングにおける戦略的リカバリー/淺井利彰ほか
【連載】
<再考:スポーツに必要な栄養の話>第11回
●実践!チームサポート-栄養士がいないチームでできるセルフチェック-/長坂聡子
<脳と身体の機能的つながり:脳が受けるスポーツの影響>第5回
●運動イメージの脳内再生トレーニングとパフォーマンス-健康な被験者でのトレーニング効果-/金子文成
<臨スポOPINION>
●スポーツ中のアスリートの突然死-中枢神経系疾患を中心に-/中山晴雄ほか
<臨スポニュース>

次号予告

☆2017年11月号(34巻11号)
【特集】スポーツ外傷・障害に対する最先端の診断法と治療法
    特集編集:松本秀男(慶應義塾大学教授)
[最先端の診断法]
●運動器の超音波診断におけるBモードとドプラ法/岩本 航
[整形外科スポーツ疾患における超音波剪断波]
●エラストグラフィーの臨床応用/糸魚川善昭
●3テスラMRI/二木康夫
●T1ρマッピング,T2マッピング/廣瀬 隼ほか
●拡散MRI画像の進歩/宮城 亮
●MR angiographyを用いた膝前十字靱帯再建術後の移植腱血行動態の評価/原 邦夫ほか
●Positron Emission Tomography(PET)によるスポーツ外傷・障害の画像診断/小林直実ほか
[最先端の治療法]
●PRP/金森章浩
●レーザー治療/米津貴久
●スポーツ障害に対する体外衝撃波治療/高橋謙二ほか
●ACL再建術後患者を対象にしたwhole-body vibrationによる運動効果/大澤祐介
●超音波ガイド下組織間リリース/松井智裕ほか
●高気圧酸素治療/柳下和慶ほか
●血管内治療/奥野祐次


↑ PAGETOP

Copyright © 2006 BUNKODO CO.,LTD. All rights reserved.